GBAダンパーの使い方「GB0544」でROMを吸い出す方法と保管方法について

こんにちはSalt(@0siosaaan)です!

こんなに開封をするのが楽しみで、ワクワクしてるのは学生の時にiPhoneやPSPなどを改造したりしてた時ぶりです!コラッ

そんな僕ですが、長い間ずっと気になってはいたけど敬遠していた「GB・GBC・GBA用のゲームダンパー」をついに買っちゃいました◎

ゲームダンパーとは「ROM(ゲームソフト)吸い出し機 」のことです。
パッケージ画像

今回購入した、GAMEBANK-web.com 製のオリジナル「GBAダンパー」でできることは

  • GB(ゲームボーイ)
  • GBC(ゲームボーイカラー)
  • GBA(ゲームボーイアドバンス)

などのゲームソフトのデータ「ROM」を吸い出すことができます。

他にも、セーブデータを吸い出し・書込みをしたり、他のゲームを書き込んだりすることもできますが、ダンパーといえば「吸い出す」ために購入される方がほとんどかと思います。

正式には違いますが、ここでは 「ROM = ゲームソフト」って思っていただければ大丈夫です◎

吸い出したROMを配布や販売することは法に触れるので絶対にしちゃダメです。また、借りたものやレンタルしたゲームからROMを吸い出し、ROMを保持しているにも関わらずゲーム本体がない場合、法的にはかなりグレーな状態なので、必ず購入したゲームから吸い出すようにして下さい。(当ブログでは一切の責任を負いかねます。ご了承ください。)

ということで、注意点をふまえた上で今回は「GB・GBC・GBA用の吸い出しダンパー」の使い方を超詳細にご紹介していご紹介していきたいと思います。

※以下「GBAダンパー

ダンパーを購入後、マニュアルを読んでよくわからなかった人も、興味があってこれからダンパー買おうと悩んでいる方にもこの記事はオススメですよ!

手順① パッケージ開封とPCとGBAダンパーの接続

開封の儀

内容物

まず初めにワクワクしながらGBAダンパーを開封します。

開封したら内容物が正しく入っているか確認しましょう。

【内容物】

  • ゲームダンパー
  • 接続用USBケーブル
  • 説明書(2点)

が入っていることを確認したら、早速「GBAダンパー」を開封します。

GBAダンパーは基盤がむき出しなのであまりベタベタと表面を持たず、側面を人差し指と親指でつまむように持つことをオススメします。

GBAダンパーとパソコンを接続する

USBを接続

開封したら「USBケーブル」を、GBAダンパーに接続して、もう一方をパソコンを接続します。

USBケーブルを接続する場所は言わずもがな「ここに挿して」と言わんばかりに目立っているので大丈夫かと思います。

saltさん
向きには気を付けてね!

また、USBを挿し込むときは差込口が基盤から外れてしまうのを防ぐために、必ず差し込む受け(基盤側)を抑えながら挿し込むようにしましょう◎

USBをGBAダンパーに接続ができたらパソコン本体に接続します。
これは「マウス」や「キーボード」を接続するようにパソコンにUSBケーブルを接続するだけです。

注意点としてはUSBを多岐化させる「ハブ」には接続せず、必ず本体側の「USBポート」に接続するようにしましょう。

スイッチを切り替える

スイッチを切り替える

USBの接続ができたら次にスイッチを切り替えます。
なんのスイッチかわからなくてもスイッチを切り替えます。

スイッチには「2通り」あり、GB・GBCの場合は「5V」にスイッチを合わせ、GBAの場合はスイッチを「3.3V」に合わせます。

ソフトの画像

今回はGBCの「ポケットモンスター金・銀」を吸い出してみるのでスイッチは「5V」に合わせます。

カセット(ソフト)をGBAダンパーへ装着する

カセット装着

スイッチを該当のボルト数に切り替えたら肝心の「カセット」をGBAダンパーに装着していくのですが、装着する部分はUSB端子の間反対の「SLOT」と書かれた部分に装着(接続)します。

カセットも取り付け終えたら次は吸い出すためのソフトをダウンロードしていきます!

saltさん
ここまで来たら残り半分くらいですよ~!!

手順② ソフトのダウンロードと解凍

ソフト(ダンパー)をダウンロードする

ページ画像

QRコードを読み取ると以下のページを開くことができます。
※QRコードから開いていただいても大丈夫です。

Retro Dumper Download|[16]GBAダンパー(GBA/GB/GBC)

ページを開いたら吸い出しためのソフトをダウンロードします。

ソフトには何個か種類があり、Windows版なら「32Bit」と「64Bit」、Mac版では「MacOSのバージョンは、10.12以上が対象」などの条件があるので使っているパソコンにあったプログラムをダウンロードします。

ちなみにダウンロードページには

※64Bit版PCをお使いの方でWin版で正常に動作しない場合は下記をお使いください
Win64版 http://gamebank.jp/dumper/dl/gb3_full_win64_20190825.zip

 

とあるのでBit数は特に気にせずに32Bit版をダウンロードして、うまく起動しないようであれば下記の「パソコンのシステム情報を確認するには」を参考にしてください。

上手く起動ができた方は「パソコンのシステム情報を確認するには」を飛ばして「ダウンロードしたファイルを解凍する」から続きを読み始めてください!

saltさん
ちなみに、ソフトは無料だったので安心してください

パソコンのシステム情報を確認するには

システムページ

自分が使っているパソコンのシステムの確認の方法はWindowsなら、デスクトップに「PC」の項目があれば、PCに(cd)右クリックをしてメニューの中から「プロパティ」をクリックして「システムページ」を開くことでパソコンのシステムの種類を確認することができます。

デスクトップから

また、フォルダ(エクスプローラー)を開くと左側のリストに「PC」がある場合は、先ほどと同じように「PC」を右クリックして「プロパティ」をクリックすることでシステムページを開くことができます!

フォルダから

他にもWindowsのメニュー「コントロール パネル >システムとセキュリティ>システム」からでも開くことができます。

saltさん
Macの方はごめんないさい()

ダウンロードしたファイルを解凍する

ファイル解凍

ファイルのダウンロードが完了したら「gb3_full_win○○_20190822.zip」を解凍していきます。

ファイルを解凍するには「解凍ソフト」が必要になりますが「Lhaplus」や「7-Zip」などの無料ソフトを利用すれば解凍できますよ!

解凍が完了したらフォルダの中にある「gb3_full_win○○_20190822.exe」というアプリケーションフォルダをダブルクリックで起動します。

Windowsブロック

起動するとWindows10なら恐らく「WindowsによってPCが保護されました」と表示されるので「詳細情報」を左クリックして、開こうとしているファイルが正しいことを確認したら「実行」をクリックします。

GB Driver 3.0

すると「GB Driver 3.0」というダンパーソフトが起動します。

手順③ ゲームソフト(ROM)を吸い出すには

「Info」をクリックしてゲームソフトの情報を読み込む

info成功の場合

お待ちかね、ついにROMの吸出しをしていきます!!

先ほど起動した「GB Driver 3.0」の右側の一番上にある「Info」を左クリックするとソフトの下側の青い背景の部分に

–Device information–
Driver label: GBX
Device firmware: GBX_PCB02_FW304

–GB/GBC Cartridge information–
Title: POKEMON_GLDAAUJ�
Cart type: ROM+MBC3+TIMER+RAM+BAT
ROM Size: 1024KB
RAM Size: 32KB

というようにゲームソフトの情報が表示されます。

info失敗の場合

また、上手くカセットが読み込めていない場合は以下のように表示されるので、ゲームソフトの抜き差しなどをしてみて下さい。

Can not auto detect cartridge information.
Maybe no insert cart or it’s a black cart.
Also try:
1.Turn off anti-virus software.
2.Damaged or Dirty.
3.Switch correct volte on dump board.
4.Try again.

 

それでもダメならソフトの基盤を綿棒などできれいにしてみたり「レトロゲーム復活剤 (ゲームカセット用)」などを使ってゲームソフトの基盤を綺麗にすると読み込みに成功する確率が上がると思います 🙂

むやみにゴシゴシしてしまうと基盤に傷がついてしまい取り返しのつかないことになってしまうので、掃除をする際は細心の注意を払うようにしてくださいね!

 

「Info」をクリックしたら「Dump」をクリックするだけ

dumpをクリック

上記で紹介したように、ROMを吸い出すには①の「info」をクリックしてゲームソフトの情報の読み込みに成功したら次に②の「dump」をクリックします。

「Dump」をクリックすると以下のようにROM(ゲームソフト)の保存先とファイル名を決めるウインドウが表示されるので、保存先とファイル名を選択、入力したら右下の保存をクリックします。

ファイル名指定

また、ゲームソフト(ROM)の保存先やファイル名を指定する時に「日本語」を含んでいると吸い出しに失敗してしまうので、日本語は含むずにアルファベットのみの「ファイルパス」と「ファイル名」にするようにしましょう!

【ファイルパス】

  • C:\Users\Salt\Desktop\GBA_吸出し用 = ✕
  • C:\Users\Salt\Desktop\GB_suidasi = 〇

【ファイル名】

  • ポケモン-金 = ✕
  • Pokemon-gold= 〇

上記のようにファイルパスやファイル名を設定して「保存」をクリックすることでROMの吸い出しは完了です!

お疲れさまでした!!

パソコンによっては画像のように「デスクトップ」とカタカナで表示されるかもしれませんが、ファイルパスの部分をクリックすると「C:\Users\(ここはユーザー名)\Desktop\~」のようにアルファベットのみになるので大丈夫です。(よくわからない場合はデスクトップに保存すればOKです。)

手順④ GBAダンパーの保管について

ゲームソフト(ROM)の吸い出しが完了したら最後に「GBAダンパー」を保管するのですが

注意点としては

  • ホコリ・水気を避ける
  • 衝撃・振動をあたえないようにする

などがあるので、本来であれば「防湿庫」などに入れて保管することをオススメします。

保管

が、僕はそんなお金が無いので、GBAダンパーをジップロック中に入れて、プチプチをいれた100円ショップで購入した密封容器に入れてます。

保管2
saltさん
僕も防湿庫欲すぃ

ここだけの話・・・

saltさん
ちなみに公式サイトでダウンロードすることができるマニュアルは当てにしないほうがいいですよ!(大声)

一連の流れが書いたマニュアルを先ほどの公式サイトからダウンロードすることができますが、僕はこのマニュアルのせいでハマりました。(怒)

マニュアルには「infoをクリックして表示されたゲーム情報を入力する」と書いてありますが、合わせると吸い出しが失敗してしまいます。

正しくは「info」をクリックしてゲームの情報が表示されたら「dump」をクリックするだけです。

とはいえ、一応大まかな流れはわかるのでダウンロードする際は「参考」にするだけにしておき、この記事の通りの手順で進めていただけたらなと思います(笑)

参考までに↓

まとめ

無事にゲームソフト(ROM)の吸い出しはできましたでしょうか?

続いては吸い出したROMを「スマートフォン(Android)」でプレイ・起動する方法を紹介したいと思います。

「ROMの吸い出しから起動まで」を個別の記事にしたので気になる部分だけ読むことができます!

よろしければ、下記のリンクから開いてみてください!

以上、Salt(@0siosaaan)でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です