textwellのアクション「MarkdownTools」にh2タグを追加してみた

こんにちは、Salt(@salt_vocals)です!

このブログの記事は全て、textwellというiPhoneアプリを使って執筆しています。

textwellにはモブログに便利なアクションという機能がありますが、その中でも「MarkdownTools」という様々なMarkdown記法を簡単に挿入することが出来るアクションがあります。

しかしMarkdownToolsでは「h2」タグを挿入することができなかったのでソースを編集してみました。

ソース編集には、作者様の記事を参考にさせていただきました。

Textwellのアクション「MarkdownTools」の見出しに関してh2とh3が選択できるように変更した
2014年08月19日08:02  iPhoneアプリ iPhoneアプリのTextwellで、Markdown記法を用いてブログを書く時に便利なアクション「MarkdownTools」というツール…

設定

はじめに左上のボタンをタップし、次に左下の編集をタップします。

編集を開いたら、アクションの一覧から「MarkdownTools」を選び、ソースを選択します。

※MarkdownToolsを追加している前提です。

追加されてない方はこちらのリンクから追加することができます

http://tinyurl.com/kbj4h7e

MarkdownToolsの元のソースはこのようになっています。

T.loadlets([
  {title:"[MarkdownTools]",
  fn:function(){
    T("done");
  }},
  {title:"見出し",
  fn:function(){
    c=T.current;
    s=(/^#? /.test(c))? c.replace(/^#? /mg,"") : c.replace(/^/mg,"### ");
    T("replaceCurrent",{text:s});
  }},
  {title:"リスト",
  fn:function(){
    c=T.current;
    s=(/^(- )/.test(c))? c.replace(/^(- )/mg,"") : c.replace(/^([0-9]. )?/mg,"- ");
    T("replaceCurrent",{text:s});
  }},
  {title:"連番",
  fn:function(){
    c=T.current;
    s=(/^[0-9]. /.test(c))? c.replace(/^[0-9]. /mg,"") : c.replace(/^(- )?/mg,"1. ");
    T("replaceCurrent",{text:s});
  }},
  {title:"強調",
  fn:function(){
    s=T.current.replace(/^/mg,"<strong>").replace(/$/mg,"</strong>");
    T("replaceCurrent",{text:s});
  }},
  {title:"引用",
  fn:function(){
    c=T.current;
    s=(/^> /.test(c))? c.replace(/^> /mg,"") : c.replace(/^/mg,"> ");
    T("replaceCurrent",{text:s});
  }},
  {title:"コード",
  fn:function(){
    s="<code>\n"+T.current+"\n</code>\n";
    T("replaceCurrent",{text:s});
  }},
  {title:"水平線",
  fn:function(){
    s="\n- - -\n";
    T("insert",{text:s});
  }},
  {title:"リンク",
  fn:function(){
    c=T.current;
    s=(/^https?:/.test(c))? "<a href="&quot;+c+&quot;"> LINK </a>" : "<a href="URL">"+c+"</a>";
    T("replaceCurrent",{text:s});
  }},
  {title:"プレビュー",
  fn:function(){
    T.translucent(false);
    location = 'http://sociomedia.com/textwell/wd/markdownpreview/';
  }}</p>

<p>],
  function(){location="about:blank"}
)

ソースを開いたら「 {title:”見出し”, 」の所を見出し3(h3)に変更し、以下のソースを「 }},」の下に改行して挿入するだけです。

{title:"見出し2",
fn:function(){
c=T.current;
s=(/^#? /.test(c))? c.replace(/^#? /mg,"") : c.replace(/^/mg,"## ");
T("replaceCurrent",{text:s});

MarkdownToolsを開くと追加されていると思います。

最後に

textwellはモブログに適したアプリですが、他にもメッセージやLINE、Twitterなどにも投稿できたり、調べ物やメモ帳としても使用できるので幅広く使用できるので便利ですよ!

以上、Salt(@salt_vocals)でした!

Textwell 1.6.3
分類: 仕事効率化,ユーティリティ
価格: ¥360 (Sociomedia)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です