超簡単!Googleマップを使って、今いる場所を友達に共有する方法!

もう、待ち合わせに電話を使うのをやめませんか?

待ち合わせの時に、「〇〇の隣」や「△△の交差点を右に曲がって」なんてやりとりをよくすると思います。

方向感覚や土地艦のある方ならその説明で待ち合わせをすることができるかもしれませんが、僕を含め方向音痴の人にはそれでは伝わりませんよ。

もう電話でやりとりするのをやめて自分の居場所「位置情報」を待ち合わせ相手に共有しませんか?

今回は自分の居場所をGoogleマップを使い、友達に共有する方法を紹介します。

電話で場所を教えるよりも手っ取り早く、お互いにストレスなく待ち合わせすることができるのでオススメですよ。

使用端末 iPhone7 (iOS 10.21)

手順

初めにGoogleマップをインストールしていない方は、AppStoreからダウンロード(インストール)
します。

Google マップ – ナビ、乗換案内 4.29.0
分類: ナビゲーション,旅行
価格: 無料 (Google, Inc.)

(1)Googleマップを開く

共有したい場所でGoogleマップを開き、現在地取得のアイコンをタップします。

(2)メニューから現在地を共有する

Googleマップを開いたら、左上のメニューをタップして、メニューの中から「現在地を共有」をタップします。

次に友達に現在地を知らせましょうと表示されるので「使ってみる」をタップします。

リアルタイムの現在地情報の共有の「-・+」をタップすることで共有し続ける時間を設定することができます。

(3)共有先を選択する

Googleアカウント情報を使う

ユーザーを選択」をタップすることで、連絡先に登録されているユーザーを選択して
現在地を共有することができます。

この項目はGoogleのアカウントをお互いに登録しているしている必要があります。

メッセージ(SMS)

メッセージ」をタップすることでiPhone純正のメッセージ(SMS)アプリから、相手に位置情報を共有することができます。

メッセージをタップするとメッセージアプリが開くので、作成画面が表示されたら「右上の+」をタップして連絡先の中から共有したいユーザー(友達)を選んで、メッセージを送信するだけです。

リンクを取得する(その他アプリ)

その他」を選択するとGoogleマップ以外のアプリ(LINEやTwitterなど)に送信することができます。

その他をタップしたら共有メニューから送信したいアプリを選択し、あとはLINEやTwitterなど使い慣れたSNS系のアプリで友達にリンク(現在地)を送信するだけですよ。

Twitterを使う場合ツイートやメンション(リプライ)にリンクを載せてしまうと第三者に位置を特定されるなどの危険があるので、位置情報を送信する際は、DM(ダイレクトメッセージ)を利用してください。

さいごに

位置情報を無事に共有することができましたか?

今回はGoogleマップを使って現在地を友達に共有する方法を紹介しましたが、次回は利用者の多いLINEを使って現在地を共有する方法を紹介したいと思います。

以上、Salt(@salt_vocals)でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です